カウンセリング

カウンセリングカウンセリング
カウンセリング

心理カウンセリングと国際貢献

JFCCAが2014年に開業してから、一貫して続けてきたことがあります。 それは、カウンセリングの収益の一部を国際貢献につなげることです。 カウンセリングでクライエントに心に変容をもたらすことで、生きづらさがなくなる。 同時に・・・>>記事を表示する
カウンセリング

「頑張る」の深いところにある意味

頑張れ、頑張れ・・・ そう、心にも体にも刷り込まれている人がいかに多いことか。 これは、しつけや教育の問題。 特に、日本の学校教育では、その傾向が強いです。 努力は必ず報われる。 努力は決して裏切らない。 でも、いつか必・・・>>記事を表示する
カウンセリング

「私、変われますか?」と聞かれたら・・・

不安が拭い去れない 何もやる気が起きない 感情が動かない 人生がつまらない そんな、クライエント様から、 「私、変われますか?」 と尋ねられることがあります。 さて、あなたなら、どのように返しますか。 私なら、 「あな・・・>>記事を表示する
カウンセリング

カウンセリングの極意

私は、よく、カウンセラーさんたちに、尊大感や万能感を持ってはいけないと言います。 尊大感とは・・・。 いばって、他人を見下げるような態度。高慢で横柄な思考を持つこと。 万能感とは・・・。 すべてに効力を持つと考えること。 そう・・・>>記事を表示する
カウンセリング

心のブロックを決して悪者にしない考え方

感情のリセット・心のブロックを解放 がJFCCAのカウンセリングを表すキャッチフレーズです。 ちなみに、 「人はなぜ悩むのか。」 の問いに、冒頭のごあいさつでは、たった一つ明快に、 決めごと によるものと表現させていただいており・・・>>記事を表示する
カウンセリング

看護現場にいじめが多い理由と身に付けたいメンタル

多発するいじめ問題 ご相談案件の中に、結構な数で職場のいじめがあります。 直近10件のご相談のうち、半数がこの「いじめ」に関するものだったことから、その理由を検証してみたいと思います。 下は、ケント大学心理学研究室(イングランド)・・・>>記事を表示する
カウンセリング

カウンセリングの方向性は100%カウンセラーが握っている

カウンセラーがクライエント様に、 「ご自由にお話しください。」 と言えば、クライエントは気持ちよく感じるかもしれません。 話す内容に限定を加えないし何でも受け止めて聴くという意味で、 何でも話せる 気軽に話せる という雰囲気が作・・・>>記事を表示する
カウンセリング

メッセージのやり取りで生まれる心の気づき

最近のメッセージのやり取りから JFCCAでは、一度つながったクライエント様とラインでつながるため、セッションを担当したカウンセラーには、メッセージが入ることが度々あります。 以下、クライエント様から掲載許可を頂いた上で、ご紹・・・>>記事を表示する
タイトルとURLをコピーしました