恋愛で幸せをつかむために必要な2つのこと

心理学

不倫に対する考え方の根本的な違い

恋愛に対して寛容的な風土のあるドイツでは、不倫に対しても日本の考え方とは違っているように感じます。

日本の場合には、不倫は社会的な悪と捉えます。

特に、政治家や有名人が対象となれば、マスコミがこぞって騒ぎ立てるでしょう。

それは、欧米でも同じだと思いますが、根本的に違うと感ずることがあるのです。

フランスのサルコジ大統領やドイツのシュレーダー首相も、離婚をしたとき、マスコミがあれこれ騒ぎ立てましたが、それは、攻撃一辺倒ではなく、新しい恋を祝福するような意味合いも込められていました。

実際に、彼らがそのことで失脚したかと言えば、そんなことはありません。

なぜなら、公務と私生活は別物という観念があるからです。

もしも、仮に、日本の総理大臣が、離婚をしたら、国民はきっと許さないのではないかと思います。

家庭もコントロールできない人に政治が務まるわけはない。
男として最低。

こんなことを書き立てられて、国会で辞任を要求されることは明白です。

そう思うと、日本の過剰な倫理観念が恐ろしくもなります。

 

ドイツ国民は、決して不倫を容認するわけではありませんが、夫婦関係がうまくいってなかったり、別居生活が続いていたりした上での不倫は、自然なことと捉える感覚を持っています。

彼らは、

「別段、不思議ではない。」

「是もなし、非もなし。」

とさらっと受け流します。

恋愛関係は、2人の問題であって、周りが関与することではないという論理が働きます。

これは、いかにもドイツ的ですね。

 

日本では、不倫のニュースとなると、不貞をしたとパッシングの嵐になり、された方には同情が集まったりします。

反対に、ドイツ人の感覚は、

お高いに関係が終わっているのなら、それは自然なこと。
相手の心を捕まえておけない方にも責任がある。

くらいのものです。

責任の所在は2人にあると考えるからでしょう。

離婚に関しても、同様です。

ドイツでは、離婚率が高いのも、その辺の割り切りがあるからでしょう。

離婚に対して、決して暗いイメージはありません。

 

先に、日本の同棲に暗いイメージがあると申し上げたのは、私たちの社会的倫理に対する心の投影だと思っています。

不倫へのマスコミたたきは、マスコミに責任があるのではなく、我々の心の中に、「不倫は悪。」だと決めつけている観念があるからです。

我々の心の中に、それがある限りは、今後も不倫たたきがなくなることはないと断言します。

先日、秋田カウンセラーが、ブログにて不倫に関する記事を書いていますのでお読みください。不倫はプライベートなことだよねと論じていらっしゃる点に注目です。

芸能人の不倫、本当の加害者と被害者は誰?

幸せな恋愛を実現するために・・・

もしも、あなたが相手に何らかの条件付けをしてるようなら、まずは、それに気づいてください。

相手の真実を見抜けないまま結婚すれば、必ず後悔するときがやって来ます。

 

お互いに相手に

一切の条件付けをしない

で自然体で向き合ってみましょう。

 

社会的な規則

学歴

家族構成

容姿

性格

に一切の要求をしません。

 

恋愛には、ある種の動物感覚的なフィーリングはあります。

それを感じる上で、お互いに一緒にいたいと思うようであれば、共同生活をするしないに関わらず、お試し期間を設けてみてはいかがでしょう。

もちろん、2人だけのことにしないで、友達にも、家族にも紹介します。

そしたら、周りが応援してくれるかどうかもわかります。

つまり、自分だけでは判断がつかない点を、周りも補完してくれると考えればよいのです。

そして、最終結論を出すのは、親でも友達でもありません。

あなた自身なんです。

あなたが、自分の手で幸せをつかむことを願ってやみません。

うまくいく恋愛のルール
①相手に条件付けをしないこと。
②最終的には自分の判断で決めること。
この2つに沿って進めば、あなたは無条件に相手を愛していることが明確になりますし、自分の判断で決定するから、たとえどんな結果が待ち受けていても決して被害者にはならないということです。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

ブログランキング参加中です。

この記事にご共感いただいた方は、ぜひ下の写真をワンクリック、お願いいたします。m(_ _)m

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセラーへ
にほんブログ村

今日もあなたに喜びの一日が訪れますように。

コメント